HAAS BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 居酒屋探訪記〜GWのひととき(前編)

<<   作成日時 : 2017/05/06 07:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日はGWの真っただ中。天気は快晴…さすがにヒマであるこんないい天気ならどうしたって行楽に出かけたくなるだろう。そりゃあボディケアも大切だがそれはたぶんGWが終わって仕事が始まり、遊び疲れが出始めた頃になるのではないだろうか。今日のところは早めに切り上げて自分も一杯やりに街に出ることにした。

行きつけの居酒屋の前を3軒通ってきたが、いずれも休みであった。
飲食店ならGWは稼ぎ時のような気もするがそれは客層によって異なるのだろう。例えばオフィス街なら普段より確実にお客さんは少なくなる。しかし行楽地が近くにある駅の周辺ならば忙しいだろう。居酒屋もいろいろだ。
今日は普段通らない道をあえて歩いてみる。たまにはこうしてブラブラするのもいいもんだ。やはり気候がいい。

と、なにやらいい香りが漂ってくる。周りを見回してその元を探すとどうやらお好み焼き屋さんのようだ。
ものすごく目立たない場所にあるが、店構えは何やらよさげな雰囲気だ。ちょっと引かれる。
が、一応もう1軒だけ行きつけのお店をのぞいてみたい。そこが混んでいたらこのお好み焼き屋さんにしよう。

行きつけのお店はのぞいてみるともう満席。ここは中高年が主な客層なのでGWもあまり関係ないようだ。
早い時間が逆に混むのである。こうなるともうお好み焼きが頭の中を占めている。向かう足取りがむしろ早くなっている。やはり新規のお店の開拓はワクワクするものだ。

のれんをくぐって戸を開ける。中は割と広めである。お客さんは小さい子供連れの家族と女性二人客の二組である。店の人はカウンターの中で自分が入って来たことに気がついていないようだ。しかたなく近くの席に座ってメニュー表をながめる。しばらくするとお母さんが気がついておしぼりと水をもってきた。

さっそくお好み焼きを注文する。するとお母さんが「15分くらいかかるけどよろしいですか?」と聞いてきた。
じゃあ一品料理でも頼んでビールを飲みながら待つかと思ったが、一品料理が結構高い。だいたい600円以上する。もやしが200円で目玉焼きが360円だったがこういうお店まで来てそれはちと切ないものがある。幸い枝豆が安かったのでそれを注文。結局、お好み焼きはやめて早くできる焼きそばにしてもらった。

ビールをぐいっと飲み干し、枝豆を口にする…メッチャ冷えているというより半解凍気味だ枝豆はゆでたての熱いのが好みの自分としてはこれはツライ。こうも冷たいと冷たいビールと相乗効果になりヘタすりゃお腹を壊してしまう。実際、若かりし頃パフェとビールでそうなったことがあった

そうこうするうちに焼きそばが出てきたが何か量が少ない。これで620円である。よく居酒屋で焼きそばを注文するがこれほど少ない焼きそばは見たことがない。焼きそばなんて原価は安いんだからもうちょっとサービスしてもバチは当たらないのにと思う。肝心の味もごくごく普通だ。これならいつも行くカラオケ居酒屋の焼きそばの方が卵も二つだし量は多いし500円だしよっぽどマシである。いっぱしの専門店でこれはいかがなものか。残念感がつのる。

まあ、お好み焼き、焼きそば店は利益が少ないのでお客さんに長居をされたときのために価格を高めに設定するという話を聞いたことがある。まあ、そうなのかもしれないが正直あまりいただけない。

それでもお店に来ている他のお客さんは常連のようだ。家族で来ているお客さんはまだデートの頃からこの店に来ていてそれから結婚をし、子供が生まれた今も来ているとのことを小耳にはさむ。このお店のお母さんはほがらかな方なのできっと居心地がいいのだろう。女性二人組のお客さんも親しげにお母さんと話している。この目立たない場所で長くお店を続けていられるのはきっと何かしらの魅力があるに違いない。

とりあえず早々にお店を出ることにした。焼きそばとビールはあっという間になくなったことだし。今回のお店は残念ながら自分のニーズとは少し違っていた。でもまあ気持ちのいい散歩の道すがらふらっと立ち寄っただけだからこれはこれでよしとしよう。さあ、次へ行きますか。

(後編へ続く)




月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
居酒屋探訪記〜GWのひととき(前編) HAAS BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる